ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売終了

first & new arrival

10/20「エスニック野菜特集」

スイートバジル
ここへきて、長袖をきているだけで汗をかく陽気になってきました。

さて、今更ながらそんな陽気に感化されて
「エスニック特集」をお送りいたします。


最初は、
沖縄県産「タイバジル・スイートバジル」
のご紹介からスタートです。

以前ご紹介しました、
タイバジル・スイートバジルと同じ、沖縄県産のものです。
日本で流通しているバジルと比べると、少し香りが違うかなぁと思います。
イタリアンとエスニックでだいたいイメージ出来る香りの違いがあると感じます。

どちらもそのまま食べれば、苦味を感じ、そして舌に刺激が残るのですが、
タイバジルの方はやっぱりアジアンなテイストがしっかりとします。

お料理によって使い分けるのがベストではないでしょうか。

エスニック料理だけではなく、他のお料理にも使えると私は思います。
あまり先入観にとらわれることなくお使いください。


注文方法 : 前発注制
販売時期 : 通年
販売単位 : パック
ホーリーバジル
ネクスト!

沖縄県産「タイバジル・ホーリーバジル」です。

こちらも以前ご紹介した沖縄県産となります。

見た目が若干違ってくるのが写真でもよくわかると思います。

「バジルガパオ」。みなさんもう覚えましたか?

タイ料理で有名な「ガパオ」に使われるバジルです。

香りは強いのですが、一度ハマると病みつきになる香りで、
シャン菜と同じ様な中毒性を感じます。

ホーリーバジルを使えばそれだけで、
イタリアンからエスニックに変わってしまうだけのパワーを持ったバジルです。


注文方法 : 前発注制
販売時期 : 通年
販売単位 : パック
パクチーファラン
そして
沖縄県産「パクチーファラン(ノコギリコリアンダー)」
です。

今回のご紹介の中で、一番のレア商品と思います。

前にもお話致しましたが、
国内で探した時には、見つかりませんでした。
「前は作っていたけど、作りかたが難しくてやめました」
という言葉を数件の生産者から聞かされました。

その上、タイ食材の大手さんに確認したところ、
「国産はほぼ無いのでミヤンマー産を、たまに、輸入しています。」
とのお答えでした。

それが、このパクチーファランなのです。

シャン菜と同様の香りを有していますがそれがもっと強く香ります。
その上、乾燥させても香りが薄まらないというとっても素晴らしいのです。

とにかくパクチー好きには堪らないこの「パクチーファラン」。
ぜひ一度お試しください。


発注方法 : 前発注制
販売時期 : 通年
販売単位 : パック
カイラン
続いては、
ヤマテではおなじみの
今は台湾産「カイラン」
です。

こちらはキャベツの仲間で、エスニックの青菜として欠かせない食材です。

中華などでも良くつかわれる野菜です。
ただ、一般的なスーパーなどでは取扱われることはほぼ無し。
でもやっぱり一度ハマるとやめられない食材の一つです。

国産も含めて通年供給できますので、一度お試しいただければ
その良さがしっかりと伝わると思います。


販売時期 : 通年
販売単位 : パック(500g)
レモングラス茎
それから
タイ産「レモングラス(茎)」
です。

こちらは『茎』がポイント。

トムヤムクンと言えばみなさんピンと来ると思いますが、
あの独特な香りの真ん中の部分が、このレモングラスです。

大正時代から日本では親しまれてきた歴史がありますが、
日本のお料理の何処で使われていたのかは不明です。



販売時期 : 通年
販売単位 : パック・kg
レモングラス葉

そしてこれが
「レモングラス葉」
です。

写真の通り、SBでも栽培されているので、
だいぶ普通のハーブになってきました。

どちらかというと、ハーブティなどで使われる事が多いのではないでしょうか。

しかし、しっかりとお料理の香り付けに使われています。


なぜ、レモンの香りを付けるのに、レモンをそのまま使わないと思いますか?

それは、レモンをそのまま使うと、そうしても香りが飛んでしまいます。
このようなハーブを使うと香りが飛ぶ事なく、
その上、『レモンよりも、もっとレモンっぽい香り』
を付ける事ができるからなんだそうです。

何だか難しい話ですが、そうらしいです。

みなさんもレモンの香りをつけたい時には、
ぜひ「レモンなんちゃら」というハーブを使ってみてください。


販売時期 : 通年
販売単位 : パック

バナナの葉

最後は、
タイ産「バナナの葉」です。

こちらは見たまんまで、何かを包む用の野菜です。

とりあえず食べません。

バナナの葉でつつんだちょっと甘いもち米なんかが、タイの屋台で売っていました。

日本では、敷物につかったりまたやはり包んだりするのに使われます。

お皿代わりに、使えば載せたお料理がたとえ、肉じゃがであっても
見た目はエスニックです。

お料理の演出にもお使いいただけます。

ぜひ、お料理に変化球を付けて、お客様を喜ばせて差し上げてください。


販売時期 : 通年
販売単位 : 1kg

その他の記事

pagetop