ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

1/25「雪中軟白ねぎ」「新島らっきょう」「島人参」

雪中軟白ねぎ
おはようございます。

本日は、
山形県産「雪中軟白ねぎ」です。

軟白ねぎはこれまでご紹介したことが無かったような気がします。
いざご紹介するにも、普通の軟白ねぎでは面白くないので、
雪中軟白ねぎにしました。

雪中といっても、
雪に埋もれた畑から収穫するわけではありません。
畑には雪が降り積もり、ハウスはその雪に埋もれている様に
立っています。
その中で栽培されているから雪中という名称が付きました。

軟白ねぎは普通の長ねぎとは栽培方法が違います。
長ねぎは成長に合わせて土を盛り、白い部分を育てますが、
この軟白ねぎは最初から黒いシートを使って遮光するのです。
何がそんなに違うのかといえば、
土によって圧迫を受ける栽培とは違い、
黒いシートで育てるので、ねぎ自体にストレスが掛からず、
真っすぐにそして柔らかく育つのです。

しかし、まったくストレスが無いかというと、
おいしさの秘密の水分を搾ります。
そうすることで寒さから身を守り、水分を貯めておくため
透明なゼリー状の物が葱の中に出来上がります。

それが甘みの元であるフルクタンです。
普通の長ねぎにもありますが、
この雪中軟白ねぎにはかなり多く含まれます。
以前は傷んでいるとクレームが出たことも有りましたが、
最近ではその存在がメジャーになり、
クレームが出ることはなくなりました。

ただ美味しいと言うだけではなく、
その美味しさの理由もしっかりとわかるこの
雪中軟白ねぎ。
使わない手は有りません。


販売時期 : 2月いっぱい程度
販売単位 : 束
島らっきょ
続いて、
沖縄県産「新島らっきょう」です。

新物が始まりました。
葉の部分をみるとこれまでは切ってあったり、
付いていても茶色い感じの物だったのですが、
写真を見て頂ければ真っ青です。

辛みや香りが強い島らっきょう。
新物とくればなおさら香りは絶好調の強さです。
刻んでソースにお使い頂くのもこの時期のものは最高です。
ぜひ、お試しください。


販売時期 : 一応通年
販売単位 : kg
島にんじん
最後も沖縄野菜。
沖縄県産「島にんじん」です。

黄色い島人参は、
他の場所で作るとオレンジ色に仕上がるそうです。
何となく疑わしいのですが、地下水の塩分や潮風の影響で
黄色く育つと言われているようです。

普通の人参というよりも、高麗人参に近い風味を持っている
というのも特徴ではないでしょうか。
栄養価の高い沖縄の島人参です。

地元では加熱調理をして使うことが多いそうですが、
生で食べるのもクセも少なく悪くないと思います。

細長い形も独特です。
島人参にしかできないお料理を
たくさん作って下さい。


販売時期 : 5月頃
販売単位 : パック

その他の記事

pagetop