ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

2/2「新生姜」「まんば」「広島菜」

新生姜
新生姜02
おはようございます。

本日は、
宮崎県産「新生姜」です。

毎年、高知県産が始まる前にこの宮崎県産が始まります。

人気の秘密はその香りではないでしょうか。
爽やかな辛さと、柔らかい口当たりで大人気です。

定番の酢漬けだけではなく、
スライスしてそのままお料理にお使いいただいても美味しくいただけます。

私は、そのままスライスするのが好きです。


販売時期 : 産地を変えて10月頃
販売単位 : こちらはパック
まんば
まんば02
そして、
何やら聞いたことのないお野菜、
徳島県産「まんば」です。

徳島で栽培しておりますが、
本場は香川県です。
九州の高菜の一種だそうです。
アブラナ科のお野菜です。

「まんば」は「万葉」と書きます。
香川の中でも地域によって、
千葉(せんば)・百華(ひゃっか)とも呼ばれています。

成長して、大きな葉ができたら外側から摘んで収穫するそうです。
それが、摘んでも摘んでも後から後から生えてくるから、
「まんば」だそうです。

関東の方は全く知らないと思いますが(当然私も知りませんでした)、
香川の方で知らない方がいないというほど、メジャーなお野菜だそうです。

「まんばのけんちゃん」と言われて「どこのケンちゃんだよ!」
と聞き返したくなりますが、
香川の郷土料理の名前です。

このまんばは大変アクが強く、
グツグツ煮込んで、その上一晩水煮付けなければ
食べられないお野菜なのです。
しかし、そこまでしてでも食べたくなるほど美味しいということなのでしょう。
油揚げとまんばと煮物だそうです。

自分でも一度作ってみたいと思います。


販売時期 : スポット
販売単位 : 束
広島菜
広島菜02
それから、
広島県産「広島菜」です。

こちらもアブラナ科の一種です。

日本の三大漬菜、
長野県の野沢菜、
九州の高菜
そして、
広島の広島菜
というほど有名なお野菜です。
とは言っても、私は全く知りませんでした。

この広島菜の歴史は古く、
慶長2年(1597年)頃に安芸国の藩主 福島正則のお供の住人が参勤交代の際に
京都の本願寺で求めた種子を広島で栽培したのが始まりと言われています。 
当時の菜は葉の形が短く、茎の幅も狭くて壬生菜(みぶな)のようだったと伝えられており、
「京菜(きょうな)」や「平茎(ひらぐき)」と呼ばれていました。

それを明治時代に入ってから品種改良を加えて
この形のお野菜になりました。

生産者も自家採取で種をとり、
良い物が無いときには近所の農家さんから種を分けてもらって、
作り続けた結果全国に広まったそうです。
それでも今は広島以外ではほとんど見かけないお野菜になりました。

そんな由緒正しきお野菜は、
漬菜というくらいでお漬物が一番の食べ方のようです。

昔から親しまれてきたお漬物とのことです。
広島の方がお客様にいらっしゃれば、
かなり喜んでいただけるお野菜と思います。

ぜひ、お試しください。


販売時期 : スポット
販売単位 : 個

その他の記事

pagetop