ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

5/17 更新!すいか3種+2種

webくまもん_申請前2
2016年4月14日以降、熊本地方を震源として相次いで発生している地震で一連の被害を受けられ、避難生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に心よりお悔み申し上げます。
私たちに出来る事は何か。小さなことかもしれませんが、まず熊本県の「サラたまちゃん」を50箱販売し全額義援金として寄付させていただきます。一日も早い復興を願い、野菜でつながる復興の輪を広げていこうと行動に移しました。こちらのポスターはその行動に賛同してご購入くださったお客様にお配りしているものです。
ぜひ皆様も熊本県の「サラたまちゃん」を使った美味しい料理を食べて、熊本県まで復興の輪を広げて行きましょう。  ー熊本地震復興プロジェクトー
5/17 千葉県産「クリームすいか」

こんにちはヤマテです。
昨日も書きましたが明日から暑い日が続きます。なので暑い時に食べたいもの代表の”スイカ”をご紹介いたします。

まずは千葉県産「クリームすいか」です
スイカといえば、中身が赤色のスイカを思い浮かべる方が多いと思いますが、千葉県成田市では赤色スイカの他に中身が黄色いスイカ「クリームスイカ」を生産しています。
成田市では赤色・黄色のスイカを栽培していますが、このクリームスイカが全体の9割を占め、年間およそ7万ケース(約900トン)のクリームスイカを生産しています。
大室や十余三などの久住地区や遠山地区で主に栽培されており、生産高もトップクラスを誇ります。品種は「こがね」を中心に、一部「ゴールデン旭都」という品種が用いられています。ハウスものはゴールデンウィーク明けから6月初旬まで、露地ものは6月中旬から7月いっぱい出荷されます。
スイカは90%が水分。マグネシウムやリンなどのミネラルを多く含んでいるため、自然のスポーツドリンクとも言えるでしょう。
そんな適度な糖度とサッパリとした歯ざわりが人気のクリームスイカを是非ご賞味下さい。

販売単位:個(大玉4Lサイズ)
取扱時期:7月いっぱい

5/17 熊本県産「すいか」
お次は熊本地震にも負けず出荷最盛期を迎えている「すいか」です。

熊本はスイカ生産量で日本一を誇ります。
県内の主な生産地は熊本市のほか、鹿本、上益城、菊池、玉名など、今回地震で被害の大きかった地域の名と重なります。
写真の箱にもちゃんと鹿本と書いてあります。

全国のスイカ生産者が集まる「富研連盟全国協議会☚押すの公式サイトによると、熊本の“スイカ前線”は最南端で、ゴールデンウィーク中に最盛期を迎える。
スイカは半年かけて育てられるが、一日の寒暖の差が大きい熊本の盆地性の気候も、栽培に適しているといいます。
同サイトは、熊本産のスイカのこだわりを、次のように説明しています。
『こだわりのスイカ作りとして大玉すいかは1株に1個、小玉スイカは1株に2個しか収穫しません。大きく、甘く 作るために着果数を制限し、自然のパワーを集中させるのです。そして1個ずつすべてに着果標識を立て、その標識を目印に収穫を行います。そのため出荷されたスイカはどれを切ってもまちがいのない甘みたっぷりのスイカばかりです。』

熊本県産のおいしい西瓜を使って産地を元気にしていきましょう!


5/17 茨城県産「小玉すいか」
3つ目は茨城県産「小玉すいか」です。

初夏の風物詩、「こだますいか」の旬は4月下旬~6月で、暑さを感じ始めるころに登場します。
「こだますいか」は「大玉すいか」の小さいものではなく、品種改良の積み重ねとバイオ技術の導入のなかで生まれた、スイカの新しい品種です。糖度12~13度の高い糖度と皮の薄さが特徴で、皮の際までおいしく食べられることや、冷蔵庫に丸ごと入る手頃なサイズも人気の一因です。
すいかは他の果物とは異なり、収穫後に追熟することはありません。完熟した状態で収穫されています。
置いといても甘くなりませんから新鮮なうちにご使用ください。


ブラックジャック
ここから更新部分の2種類です。
まずはほとんど種のないスイカ「
ブラックジャック」です。
種なしでありながら味や糖度、形や食感を落とさないように
品種改良をしながら栽培することに成功した新しいスイカです。
 
一昔流行った種なしスイカは、価格が高いことや、
果実が変形してしまうこと、出荷時期が遅いことに加えて
味覚や甘さが出ないなどの理由で市場に浸透することはありませんでした。
こちらのブラックジャックスイカはそうした従来の種なしスイカとは
別の生産方法、品種のもので「種なしスイカはおいしくない」という概念を変える逸品。
6月中旬くらいまでの取り扱いです。


黒小玉
続いてスイカの名産地熊本より全国的にもめずらしい希少な黒小玉スイカです。
高級感のある黒緑色の皮は薄く皮目ギリギリまで美味しさがつまっています。
「小玉のスイカは甘いけど少し柔らかいなぁ」なんてイメージは覆ってしまうと思いますよ。
10月頃まで扱っています。

夏には欠かせないスイカ、ご注文お待ちしております。

その他の記事

pagetop