ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

8/20「なす」「とうがらし」「ノーザンルビー」

ハラペーニョ
アヒチーノ
おはようございます。

雨が降ったりやんだりというレベルではない雨が降っています。
野菜が心配です。

さて、本日はちょっと多いですが、順番にご紹介してきます。
まずは、各国代表の唐辛子達からです。


〇ハラペーニョ・メキシカーナ(メキシコ) : 京都府産
最初は少し有名どころから。辛いイメージのハラペーニョは、今回の中では【やや辛】程度です。
メキシコ料理には欠かせない唐辛子。

販売単位 : パック

〇アヒ・チーノ(ペルー) : 兵庫県産
小粒のあひ・チーノ。ペルーでは炒め物やスープなどに使って、辛さの味付をとして使っています。
これは、【激辛】かなり辛いです。

販売単位 : パック
韓国激辛
韓国うま辛
〇韓国激辛唐辛子(韓国) : 兵庫県産
韓国を代表する漬物の「キムチ」に使う唐辛子。青いうちから料理に使っています。辛い方の部類です。

販売単位 : パック

〇韓国うま辛唐辛子(韓国) : 兵庫県産
韓国の方々は基本的に辛いものに強いと私は思います。そんな方々が辛くないというのがこのうま辛唐辛子。
生のまま韓国の味噌をつけて食べると美味しいそうです。中辛程度でしょうか。

販売単位 : パック
カリビアンレッド
ナガチョロギア
〇ハバネロ・カリビアンレッド(メキシコ) : 京都府産
さてここからが本番です。金メダル候補のハバネロ。お菓子などでも有名になっている激辛唐辛子。
さすがに世界で一番辛いと言われるので、そのまま食べる事はしないようです。オイル漬けにしたり、
ソースに使ったりとできるだけ、体に優しい使い方をするようです。

販売単位 : パック

〇ナガ・ジョロキア : 兵庫県産
こちらも金メダル候補のジョロキア。ハバネロ・ジョロキア共にここまでくると、食べ物としての栄養価とか
そんなものはどこかへ行ってしまう辛さです。
こちらもオイル・ビネガー・焼酎などで辛さを付ける物として使われています。

販売単位 : パック
パドロン
ボブラノ
〇パドロン(スペイン) : 京都府産
こちらは、スペインのパドロン村が原産の唐辛子です。フリットするのが一番有名な使い方。他には、オリーブオイルで素揚げ
して塩を振って出来上がり。という日本的に考えれば「ししとう」や「万願寺唐辛子」などのイメージでしょうか。

販売単位 : パック

〇ボブラノ(メキシコ) : 京都府産
メキシコを代表する唐辛子です。日本ではなじみがありませんが、ハバネロと同じような感じで使われるようです。
まだ食べ物としての唐辛子なので、辛さはしっかりですが、マイルドな中辛程度です。

販売単位 : パック


本日ご紹介の唐辛子たち。辛すぎる物は料理する際にも十分ご注意ください。

販売時期は、全体的に9月いっぱい程度です。
ビッグジム
ピッツア
〇ビッグジム : 大阪府産
こちらも唐辛子ですが、どちらかと言うとパプリカに近いようです。
皮がしっかりと残るので、火で炙って焦がしてから皮を剥いて使います。
いろいろな料理にお使いいただける商品です。
大きくぶっとい唐辛子ですので、形も一緒にお料理のエッセンスとしてお使いください。

販売単位 : 箱(500g前後)
販売時期 : 8月

〇ピッツア : 京都府産
イタリア系のなすです。アクが少なく切った断面の変色は少ないです。
火を通すとトロッとするのが特徴で、オリーブオイルとの相性は抜群です。
なすはとにかく油との相性はいいのですが、これはイタリア系なのでとりあえずオリーブオイルにしておきます。
ピッツァにスライスして載せると、ぐっとイタリアン気分が味わえますね。

販売単位 : 箱(800g前後)
販売時期 : 8月
ノーザンルビー
京しずく
〇京しずく : 京都府産
京都府立農芸高校で開発されたという茄子です。やはりイタリア系のなすとなります。
皮の部分のアクがつよいので、あく抜きは必要です。
加熱するとモチっとした食感が楽しめる、珍しい茄子です。

販売単位 : 個
販売時期 : 9月中旬

〇ノーザンルビー : 京都府産
やっと最後の商品です。こちらは北海道産が終了し、新物の入荷が待ち遠しかったじゃが芋。
皮がピンクで、中身もピンクという変わったじゃが芋です。味は特にピンクのような味はしませんが、
ホクホクな仕上がりです。
シャドウクイーンと合わせて、いろんな色のポテトサラダなどはいかがでしょうか。

販売単位 : kg
販売時期 : 来年5月頃まで

その他の記事

pagetop