ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

4/20「生じゅんさい」「姫筍」「姫筍の水煮」「菖蒲の葉」

じゅんさい
おはようございます。

本日は夏のお野菜です。

秋田県産「生じゅんさい」です。

国産の生じゅんさいのほとんどは、
秋田県で栽培されています。

じゅんさいは沼に生息しています。
昔は自生していたそうですが、今は栽培しています。

じゅんさいの沼に小舟を浮かべて、ゆっくりと船を進めます。
そして、ひとつひとつ手作業で収穫していくのです。

それはそれは大変な作業です。

収穫したものをまた手作業で選別し、
若芽の部分だけを出荷できるのです。

気の遠くなるような作業で成り立っているのです。

ゼリー状の中に、緑の若芽がいるその姿は、
夏の暑い日に清涼感を与えてくれます。

上品な見た目と、ぷりっぷちな食感を楽しんでください。


販売時期 : 7月いっぱい程度
販売単位 : パック(100g)
姫タケ
続いては、
筍の季節を最後に飾る
北海道産「姫筍」です。

筍は、九州からはじまり日本列島を北上してきます。
現在はまだ九州と静岡など、また千葉県産も若干始まりました。

この先石川県産まで進んでいきます。
その次は、福島県産などの「はちく」に続いて、
北海道の「姫筍」になります。

最後は北海道になるのですが、
毎年この時期から始まり、最後を飾ってくれます。

皮が付いたまま火を通して、
皮をむいて食べるのですが、柔らかくて香りはしっかりと
筍なので、かなりの美味です。

アクも少なくそのままいけますが、
食べすぎると口にアクが広がります。
気を付けて下さい。


販売時期 : 5月中旬まで
販売単位 : パック
姫タケの水煮
次はそれの加工品、
青森県産「姫筍の水煮」です。

こちらは、水煮に加工してあります。
その上、アクはしっかりととってあるので、
そのままお使いいただけます。

お刺身と「ぬた」にして食べると、
私としては至福の喜びを感じる一品です。

それ以外にも、炒め物にお使いいただいたり、
中華の具材についてもとにかく
選んで最後に食べたくなるような具として
うずらの卵と並んで、取っておきたい具ベスト3に入る
食材です。

ぜひお使いください。


販売時期 : 6月ころ
販売単位 : パック
菖蒲
最後は、
端午の節句には欠かせない、
茨城県産「菖蒲の葉」です。

こちらは、完全に菖蒲湯用のつもりですが、
飾りとしてもお使いいただくお客様もいらっしゃいます。

飾りとして使うには、かなり大きな葉になりますので、
大きくダイナミックな飾りとしてお使いいただけます。

基本的にはお風呂です。


販売時期 : 5月
販売単位 : 束

その他の記事

pagetop