ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

first & new arrival

10/20「だいだい」「ヒイラギ」「根いも」「山のぶなしめじ」

だいだい
おはようございます。

本日は、
静岡県産「だいだい」からです。

だいだいは、だいたい何に
使うのでしょうか。

ポン酢の原料が一番メジャーな使い方と思います。
酸味が強く、甘味が少ないのでさっぱりとしたポン酢が仕上がります。

また、ジャム、特にマーマレードに使われることも多いようです。

今回は、まだ早出しのものですので、
色も真っ青ですが、色づいたころの物であれば、
マーマレードもかなり美味しいものができそうです。

それから、
お正月飾りでは、「代々栄える」という縁起物として、
欠かせないアイテムとなっています。

思ったより、使い道があるこのだいだい。
ぜひ、お使いください。


販売時期 : 翌3月頃まで
販売単位 : 個
柊
続いて、
クリスマスの定番、
福島県産「ヒイラギ」です。

クリスマスの飾りで定番のヒイラギ。
毎年クリスマスが近づくと皆さんからお問い合わせをいただきます。

今年もあります。

今ではクリスマスの定番というイメージが強いのですが、
古来より節分の時の「柊鰯(ひいらぎいわし)」の方が、
私たちの生活には密着していたと思います。

この柊鰯は、なんと平安時代にはすでに行われていた
風習だそうです。
土佐日記に記述があるそうです。

庶民にこの風習が広まったのは、江戸時代のようですが、
とにかく1000年超えの伝統です。

ぜひ、これからも守っていきたいものです。


販売時期 : 翌2月頃
販売単位 : パック
根いも
それから、
千葉県産「根いも」です。

里芋の親芋をおがくずなどに埋めて、
そこから出てきた新芽を軟白栽培したものが
根いもです。

大分見た目は違いますが、
スプラウトの一種と言えるそうです。

これをスプラウトと言ってしまうと、
いろんな野菜がスプラウトになってしまうので、
あまり言わないようにします。

ちなみに、なんでじゃが芋の芽は毒で、
里芋の芽は根いもという食べ物になるのか。
わからないので、だれか教えてください。

ちなみに、シャキシャキした食感を活かした
炒め物などがメインの食材です。


販売時期 : 翌2月ころ
販売単位 : 束
山のしめじ
最後は、
岩手県産「山のぶなしめじ」です。

最初に言っておきますが、
スポットです。

最近、バラのしめじを見ていると、
かさの大きなブナシメジが入っているのをみて、
椎茸のちょっと小さいものくらいの大きさがあるなぁ。
と感じていたところ、
この山のぶなしめじが現れました。

ほぼ椎茸のような大きさのもので、
これは食感を想像するだけで、
美味しい感じがしまくります。

まだ食べていないので、全くわかりませんが、
美味しくないわけがありません。

ぜひ、一度お試しください。


販売時期 : スポット
販売単位 : パック

その他の記事

pagetop