ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

菜(さい)発見帖

今いちおし野菜!アレッタ

年が明け、あっという間に1月が終わろうとしていますが、連日寒い日が続いています。
今年はまだ雪が積もるほど降っていませんが、まだまだ寒い冬は続きます。

とはいっても、暦の上では2月に入ると立春。
春はすぐそこまで来ています。

今回はそんな季節にぴったりな、「アレッタ」のご紹介です。

アレッタは平成23年に品種登録された比較的新しい野菜です。
スーパーではまだ取り扱っているお店が少ないのが現状です。

私はアレッタが市場に出始めて試食してから、その美味しさにすぐ大好き野菜の一つになりました。

おすすめポイントは色々ありますが、一番はその栄養価の高さです。

アレッタはケール×ブロッコリーの掛け合わせで生まれました。
青汁でお馴染みのケールとビタミンたっぷりのブロッコリー。
これらの野菜を聞くだけで、どれだけの栄養があるか、想像できます。

でも野菜の王様と呼ばれるほど優れた栄養を持つケールは、体に良いとはわかっていてもその苦味で敬遠されがちです。
ところが、アレッタにはブロッコリーの要素が入っているので、その苦味が中和され、甘味を感じるほど美味しいのです。

またアレッタにはカロテンが多く含まれています。
カロテンは皮膚や粘膜の働きを正常にしてくれるので、美肌効果が期待できます。
女性にはぴったりの野菜です。

免疫力アップも期待できるので、風邪をひきにくい体を作ってくれます。
まさに、インフルエンザが流行しているこの時期に食べるべき野菜です。


そしてもう一つおすすめポイントは簡単な調理で美味しく食べられること。

見た目はケールのようにワイルドですが、熱を加えることで甘味が増し肉厚の葉はとても柔らかくなります。
できれば茹でるのは避けたほうが良いかと思います。
茹でてしまうとせっかくのアレッタの栄養が流れてしまうからです。
生で食べることもできますが、私のおすすめの食べ方はオイル蒸しです。
この調理法であればアレッタの栄養を逃さずに頂くことが出来ます。
ニンニクと一緒にオイルで蒸せば、簡単に食べ応えのあるご馳走の出来上がりです。
お酒との相性もばっちりです。

他にも、パスタにピザにグラタンにも・・・
美味しく頂けるレシピは無限にありそうです。

フリットや天ぷらなどでも、アレッタのほろ苦さが良く合って非常に美味しいです。

アレッタがこの季節に定着した野菜になるよう、たくさんの方に知って頂き、召し上がって頂きたいと思っています。
是非この機会にお試し下さい。

体の内側からキレイになるような感覚を味わって頂けると思いますよ。

その他の記事

pagetop