ニュース&トピックス

スイスチャード_サラダ小松菜_キンシャサ
カットベビーリーフ3
エスニック野菜
赤水菜_紫小松菜_江戸菜2
TKF_夢の畑 販売一時休止

菜(さい)発見帖

今が美味しい!さつまいも

2月に入り、春が近づいてきました。
スーパーでも、前面に春野菜が並べられています。
彩り豊かな野菜がお皿の上を華やかにしてくれる季節の到来です。

今回はその春野菜をご紹介したいところですが、その前にどうしてもご紹介したい!ということで、さつまいもを菜発見することにしました。

何故今さつまいもなのかというと、まずは息子がさつまいもが大好きというところから始まります。
離乳食の頃からあまりにさつまいもが好きなので、改めてさつまいもの勉強をしてみたところ、その栄養価の高さに驚かされました。離乳食にぴったりといわれていますが、なるほどそういうことか!と納得したものです。

特筆すべきは、ビタミンが豊富にとれるということ。
ビタミンは熱に弱いイメージがありますが、さつまいもはデンプンに守られることによりビタミンを逃さないようです。
これは美容にも良いですから、女性は必見です。

2歳になった息子が一番好きなのは焼き芋です。
さつまいもはじっくり低温で加熱することでより甘味成分が分泌されるので、それだけでスイーツのような甘さです。
子供のおやつにピッタリです。
私もさつまいもの一番美味しい食べ方は焼き芋だと思っています。

最近は焼き芋ブームで、焼き芋専門店が増えたり、焼き芋フェスなるものも開催されているようです。

焼き芋にはネットリ系とホクホク系がありますが、好みは分かれるかと思います。
ネットリ系の代表格といえば、安納芋や紅はるかでしょうか。
これらの品種はまるでスイーツのようにスプーンですくって食べたくなるくらい、甘味がたっぷりでねっとりとしています。
小さい子供でも食べやすいです。
ホクホク系の代表格は紅あずまや鳴門金時ですね。
昔ながらの焼き芋といった感じで、じっくり焼かれたさつまいもは滋味深い味わいです。
日本茶との相性もとても良いです。


そして、何よりこの時期にさつまいもをご紹介したい大きな理由が、実は2月ごろが一番美味しいということです。
秋の味覚のイメージが強いですし、確かに収穫期は9~11月です。
ところがそこから2か月ほど貯蔵されたさつまいもは水分が飛び、甘さが増してより美味しくなるのです。

ということは、今がまさにさつまいもを一番美味しく食べられる時期だということです。

是非この機会に、新たなさつまいもの美味しさを感じて頂きたいと思います。


次回は様々な品種のさつまいもを焼き芋にし食べ比べをしてみましたので、そのご紹介をします。

その他の記事

pagetop